So-net無料ブログ作成

握り心地ふんわりでも、トガり続けるシャープペン

"三菱鉛筆から、文字を書くたびに芯が回ってトガり続ける「クルトガエンジン」を搭載したシャープペン「ユニ アルファゲル」が登場"  三菱鉛筆は、グリップ部分にやわらかいゲル状の衝撃吸収素材α-gel(アルファゲル)を採用したシャープペン「ユニ アルファゲル」シリーズに、文字を書くたびに芯が回ってトガり続ける「クルトガエンジン」搭載タイプを追加し、3月17日に発売する。価格は892円。 三菱鉛筆によると、シャープペンのヘビーユーザーは中高生。新製品では、ユニ アルファゲルによる“癒されるにぎり心地”とクルトガエンジンがもたらす“細い文字が書ける筆記性能”を両立させた。 同社が開発したクルトガエンジンでは、芯先に装備された3つのギアが連動し、1画書くたびに芯が9度回転し、40画で1周することで、常にシャープな書き心地を実現する。一方、αゲルはタイカが開発したゲル状素材で、ユニ アルファゲルではシリコンゴムで挟んだ三層構造の「ゲルサンドグリップ」を採用している。 芯径は0.5ミリ。シルバー軸にブラック、ブルー、レッドのゲルサンドグリップを装着したスタンダードカラーと、ホワイトのグリップにターコイズ、ラベンダー、ノーブルピンクの軸を装着したノーブルカラーという2ラインアップ6色を用意する。【岡田大助】■関連記事芯先を円錐形に保つ――三菱鉛筆が“回転”シャープペン「クルトガ」発売「早川式繰出鉛筆」から「クルトガ」まで“回転”シャープペン「クルトガ」に高級モデル、小窓付きで回転実感女子向けにも回転シャープペン、三菱鉛筆がピンク色のクルトガ限定版【三菱鉛筆】に関連する最新記事

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。